人の輪に入れない人、質問が出来ない人。

人の輪に入れない

皆さん、こんにちは。 みらいねっとワークスの川端です。

 

普段の生活では割と気さくに
話せているのだけど

 

学校や会社では人の輪に入れない
または、質問等できないと悩む人がいます。

 

今日のブログはこのことについて
お送りしたいと思います。

相手は自分の鏡であること

人の輪に入っていけない、質問出来い等
の悩みは人によって全く違います。

 

話しかけるのが大好きな人、
元々一人で行動するのが好きな人

 

それぞれ人の性格です。

 

一人が好きな人はこうした悩みが
元々無いわけですから

 

話が好きだけど、輪に入れない人が問題なんですね。

 

私の場合、元々おしゃべりが好きで
自分から話しかけることがほとんどです。

 

でも、そんな私でも以前には
輪に入っていけないなぁと思ったことがあります。

 

その輪は初めから

『よそ者を寄せ付けない』
雰囲気を醸し出していたんです。

 

なので私も初めから、

 

『この人とは合わないかも?』
『うあ、雰囲気悪ぅ~~』

 

とマイナスのオーラ全開だったのです。

 

マイナスの態度を見た相手は
ますます『壁』を作り、

 

自分のテリトリーを守るようになります。

 

このように自分の態度で
相手が悪くなる『負の相乗効果』が起きます。

 

正に『相手は自分の鏡』なんですね。

 

その後、このグループの人たちとは
打ち解ける様になり、

 

今では20年以上の付き合いになります。

 

もちろん、自分から相手に話しかけたり
多くの話を聞いてあげるようにした結果です。

 

ただ、どうしても合わない人はいますから
どうしようもないなら無理する必要はありません。

質問が出来ない人

質問が出来ない人の中には
個人個人なら平気で質問できるのに

 

集団になると出来ない人がでてきます。

 

多くの場合、『自意識過剰』です。

 

他人からどう思われるだろうか?
と自分を中心に考えているんですね。

 

このような感覚を治す治療はなく、
唯一治すことができると言えるのは

 

少しの『勇気』と『場数』をこなすことしかありません。

 

『あ~、質問できなかった~』と
後で後悔するよりも、

 

『あ~、恥ずかしかったけど言ってよかった~』

と感じる方がずっと嬉しいと思います。

 

こうしたことを繰り返すことで
次第に慣れていきますよ。

 

みらいネットワークスでは
朝礼や講座の際に多数で集まる機会があります。

 

利用者さんは是非こうした機会を利用して下さいね。

 

【よく読まれている記事】
・他人の目が気になるという人へ
・人に悩みを相談出来ない人へ ~悩みごとに分けて考える~