何社にエントリーしましたか?

何社 エントリー数

 

皆さん、こんにちは。 みらいねっとワークスの川端です。

 

今日のブログは就職活動の
『エントリー数』に関してお送りいたします。

あなたは何社にエントリーしましたか?

『いつか就職したい』

 

そう言われ続けて結局、
就職できなかった人がいます。

 

そのような人に実際、
何社にエントリーしましたか?

 

と尋ねてみると、

 

『1、2社だけ』とか『ゼロ』

 

という返事を聞くことがあります。

 

やはり『1、2社だけ』というのは
数が少な過ぎですね。

 

『ゼロ』は就職する気がない。
または出来る状態でない。

 

というのがわかります。

実際に私がエントリーした会社は?

ちなみに私が事業団に入る際に
エントリーした会社は

 

『10社』です。

 

そのうち、7社不採用で3社採用
という結果で、

 

ご縁あって、事業団に入社と相成りました。

 

自分の条件に合う会社1社だけを
狙って受ける人がいますが、

 

こうした人はなかなか難しいのが現状です。

 

なぜ、一社集中は難しいのか?

行きたい会社があり、それに絞って応募する。

 

これも立派な就職活動ですが、
採用されることが非常に難しいです。

 

新卒ではかなりの確率で内定が出ますが、

 

中途採用や障がい者採用になると
枠が限られており狭き門となるからです。

 

それに求人案内だけの情報だけでは
どうしても情報不足になってしまい

 

1社だけを狙う対策が出来ないのです。

 

ですので、チャンスを広げる意味で
複数エントリーした方が採用の確率が上がります。

 

 

何かを終わらせてからではなく、同時進行が大事!

会社の合否が出てから
次の行動を移す人がいますが、

 

これも効率が悪くなります。

 

事業団のカリキュラムをしながら
求人検索を行い、書類を出し試験を受ける。

 

ダメならダメで、勉強は継続しながら
また次の職にアタックする。

 

これが一番いいサイクルになります。

 

カリキュラムを終えてから就職活動
をすると時間だけが過ぎていきます。

 

限られた2年間を有効に活用して下さい。
皆さん、能動的に動いていきましょう!

 

【よく読まれている記事】
・就労移行支援を受ける上で最大のポイント
・就職にスキルは必要か? ~本気で仕事を探している方へ~