障がい者雇用をお考えの企業様

2016年4月施行の改正障害者雇用促進法により、すべての企業は障害者を雇用するうえで合理的配慮が求められるようになりました。さらに、2018年からは精神障害者も雇用義務の対象に含まれるようになったことにともない法定雇用率が引き上げとなり、民間企業で2.0%、2.2%、2.3%にと段階的に引き上げられています。今後も継続した法定雇用率の見直しや除外率制度の段階的縮小等も予定されており、障害者雇用に関する環境は大きく変化しています。
そういった環境の中で、企業からは障害者雇用に関する様々な問題が生まれています。当事業所では企業様のお悩みに、企業様の現状やニーズにあわせて、障がいのある方が働きやすい職場環境を一緒に構築していくためのサポートをおこないます。

障がい者雇用を行っている企業様へ

  • どう接していい良いのかわからない
  • 任せる仕事の切り出しがうまくいかない
  • 職場に障がいについての理解を深めたい
  • 安定的な雇用を実現したい
  • 障がいのある従業員が活躍できる方法を考えたい
  • どの福祉機関と連携をしたらよいのかわからない

障がい者採用でお困りの企業様へ

  • ハローワークに求人を出しているが、応募がない
  • ミスマッチを防止したい
  • どのように研修を行ってよいかわからない
  • 合理的配慮のすり合わせ
  • 職場定着の定期的なフォロー

※当事業所では障がい者が安定して長く働けるように、採用していただいた後も定着支援をおこなっています。
 詳しくは、お気軽にお問い合わせください。