就労移行支援

就労移行支援とは

障がい者の就労を目的として、必要な知識や技術の習得、能力の向上に役立つさまざまな訓練を提供するシステムです。

サービスの提供は厚生労働省の認定を受けた指定就労移行支援事業者等が行い、地域や家庭、市町村、関係各機関と協力しながら、障がい者の職業的自立を支援します。

障がい者の就職をサポート

在宅就労支援事業団 熊本中央は、障害の特性に応じた訓練や実習を有機的に組み合わせて、効果的な支援プログラムを生成します。

在宅就労の支援と同時に、独自の開拓、障害への社会的理解を深めるための広報活動を積極的に行い、障がい者が 「社会の一員として働き、報酬を得る」生活を実現できるよう応援します。

利用可能な方

就労移行支援事業所は、一般就労等を希望する方(原則18歳以上から65歳未満の身体および知的障害や精神疾患・難病のある方)が利用できます。
身体障害(難聴・盲・マヒ等による肢体不自由・内部障害など)や知的障害以外にも精神障害では、統合失調症、うつ病、躁鬱病(双極性障害)、気分障害、不安障害、適応障害、強迫性障害、てんかんの方などが対象です。
発達障害ではアスペルガー症候群、自閉症、ADHD(注意欠如・多動性障害)、学習障害など、このほかにもさまざまな障害のある方がご利用できます。
また障害者総合支援法の対象疾病となっている難病等ある方も利用対象となり、障害者手帳をお持ちでない方でも自治体の判断によりご利用が可能です。